ハウス紹介

ハウス規模

第一農場
ビニール本ハウス
640㎡
(194坪)
ビニール小ハウス
125㎡
(38坪)
第二農場
鉄骨ハウス
1,800㎡
(545坪)
2,565㎡
(777坪)
栽培方式
高設土耕栽培
栽培作目
パクチーの通年栽培 ガパオ期間限定栽培
月間出荷数量
パクチー500Kg ~ 800Kg (第一農場、第二農場合計)
栽培予定 作目
のこぎりコリアンダー、ホーラバー、バジル等の香草類
写真 第一農場
第一農場
写真 第二農場
第二農場

自社グループでのハウス施工

 当社のハウスはOMDインターナショナルグループの主幹企業「 株式会社大木無線電気」が長年培った技術を基に、資材調達から設計施工までをすべて一貫して行っております。
 この建設で、ビニールハウスの構造試験、施工技術の向上を図り、ノウハウの蓄積による独自のビニールハウス建設資材の販売や設計施工を目指しております。
 また、お客様農園のビニールハウス建設、電気設備工事や、土木工事等の実績を積んでおり、幅広い工事を一挙に進めることができます。

スクリュー杭で初期投資を大幅圧縮!

 「ハウス建設の基礎はコンクリートが一般的、同社では野立て太陽光発電所建設で得たノウハウを活かし、鉄骨ハウスの基礎土台をスクリュー杭により施工。
 工期の短縮や土台施工費の削減をはかり、堅牢で長持ちしかも撤去時は杭を抜くだけ。同社独自開発により施設農業のトータルコスト削減を実現しました。

設備紹介

パクチー栽培の好適化を目指した設備を導入し、
きめ細かな栽培管理を通して高品質なパクチーを生産しています。

第一農場

自動潅水装置(1基)
自動潅水装置(1基)
省力化と水・液肥の自動制御
温風機(1基)
温風機(1基)
ハウス温度7℃以上の室温制御を目的とした加温装置
ヒートポンプ(4基)
ヒートポンプ(4基)
ハウス温度11℃以下で加温、夏季28℃以下の冷却を目的とした冷暖房装置
遮光ネット・カーテン
遮光ネット・カーテン
太陽光の制御・保温
LED電球
LED電球
光合成と生長の促進
電解装置
電解装置
電解水(アルカリ水、酸性水)生成装置

第二農場

自動潅水装置
自動潅水装置
省力化と水・液肥の自動制御
ヒートポンプ
ヒートポンプ
ハウス温度11℃以下で加温、夏季28℃以下の冷却を目的とした冷暖房装置
遮光ネット
遮光ネット
太陽光の制御・保温
洗浄ライン
洗浄ライン
シンクは真水2槽、電解水2槽、洗浄と消毒を徹底

共通設備

自動発芽機
自動発芽機
発芽促進と発芽時期調整
乾燥機
乾燥機
パクチー等の乾燥粉末原料製造加工
乾燥、粉末パクチー
乾燥、粉末パクチー
低温でじっくり乾燥、粉末は緑あざやか、かおりも十分

パクチー専用保存冷蔵庫【蔵番】

当農場では蔵番をパクチーの鮮度保持に活用。
パクチーは蔵番保管45日でもつやとハリがあり鮮度良好でした。

蔵番 6ドア 1,483L
蔵番 6ドア 1,483L
発泡スチロール箱で保管
発泡スチロール箱で保管
保存45日経過状態
保存45日経過状態

生鮮品の長期保存・熟成・菌の抑制・
高品質解凍に効果大!
【蔵番】KuraBan

KuraBan 公式サイト
大木無線電気は蔵番の販売元です。蔵番の詳しい商品説明はバナーをクリック!

パクチー栽培紹介

耕耘作業

培土に米ぬかぼかし、豚ぷん完熟堆肥等を添加して
よく混ぜ込みます。

種まき

一つひとつ手作業で
種をまいていきます。

栽 培

夏は約45日~50日間、
冬は約80日~85日間栽培します。

収 穫

1本1本丁寧に
トリミングしながら
収穫します。

商品の特徴

香り

  • 一般的なパクチーに比べ、パクチー特有の香りが柔らかく、口当たりが良い
  • パクチーを初めて食べる人でも食べやすい
  • 特にパクチーの根は香りが強く、各種メニューの素材としての活用範囲が広い

通年栽培・出荷

  • パクチー栽培環境の好適化と栽培技術の開発
  • 関東近郊でのパクチー端境期(真夏・真冬)に栽培を実現
  • 千葉県市原市で独自の通年栽培・出荷態勢を構築

栽培のこだわり

  • タイ産の種子を使用
  • 有機堆肥(玄米アミノ酸酵素入り米ぬかぼかし、籾殻豚糞堆肥)を自社製造し、土壌添加。
    1. 病害虫の発生軽減
    2. 土壌改良
    3. 連作障害回避
    4. 生長促進等
  • 化学農薬不使用、有機資材の活用
  • 高設土耕栽培の導入による、作業効率化と過重労働軽減

鮮度第一

  • 出荷時に電解水による株元と根の洗浄(アルカリ性電解水)・消毒(酸性電解水)
    1. 鮮度保持期間が2週間以上(冷蔵庫保管)
    2. 葉の艶や、食感(シャキシャキ感)を持続
    3. 鮮度感のあるメニューを提供可能
  • 食材ロス率の軽減

高品質

  • 自社品質規格基準を設定
    1. 双葉・外葉、変色、葉欠け、虫食い等の除去
    2. 全長45cm以下(抽苔5cm以下)
    3. 株、主根つき(ひげ根除去)
  • こだわりは、見た目の鮮度感

物流の短縮

  • 農場より宅配便での店舗又は指定納品先直納Day +1
  • 配送リードタイムの短縮

取引価格の安定

  • 市場価格に左右されない固定価格での取引
  • メニューの食材原価変動の回避